ラグマットの種類と名称について

毎日皆さんが目にしているラグやカーペット。ここでは種類と名称について詳しく解説!

ウールラグ

ラグとしては一般的なウール製のラグです。安価でリーズナブルなものから、高価で高級感溢れるものまで種類は様々です。「ウール」とは羊の毛を指す言葉ですが、最近では人工的に模した合成繊維の使用が一般的であり、それによって価格もより安く、そして量産できるものとなっています。

ダイニングラグ

ダイニングラグとは、ダイニングにおける使用を想定して作られたラグのことです。ダイニングラグの大きな利点は、「汚れ」に対する対策がなされているという事でしょう。防水効果や抗菌・消臭効果などに加え、通常ではあまり勧められない洗濯なども容易に行うことができ、拭くだけでもある程度の汚れを落とすことが出来る加工処理などが成されているものが多く開発されています。

モダンラグ

モダンアート、ポストモダンアートなどを彷彿とさせるような個性的なデザインのものを指します。白と黒のコントラストでデザインされたモノトーンラグや、規則的にあるいは不規則的に複数本のラインを引いたモダンラインラグなど、その種類はデザインにより様々です。
モダンラグマット商品はこちら!

フロアラグ

「アクセントラグ」などとも呼ばれますが、最近では用途を選ばない形のフロアラグが主流となっています。

ベルギー製ラグ

ベルギー原産のラグです。大きな特徴としては、独特で温かみのある風合いのデザインと、弾力性に富んだ強撚糸の心地良さを挙げることができるでしょう。 また、デザイン性や機能性ともに信頼性が高く、長く愛用できるものであると言えます。しかし、ベルギー製ラグが広く知られるようになると、銘柄やデザイン、形状なども様々なものが登場し、今では非常にカラフルでポップなデザインのベルギー製ラグなども販売されています。

プードルタッチラグ

プードルラグ、あるいはプードルタッチラグなどと呼ばれるこれらは、まるでプードルの毛のような独特の質感を持っているのが特徴的です。手洗いなどもできるものがあるので、手入れも比較的簡単であると言えるでしょう。しかし、プードルラグの唯一の欠点として、長期に渡って使用していると「踏まれ癖」がついてしまうという事です。

ミンクタッチラグ

ミンクラグなどと呼ばれるこれらは、まるでミンクの毛のような独特の質感を持っているのが特徴的です。一般的にはアクリルなどの合成繊維、特殊繊維が用いられていますが、手触りや感触は限り無くミンクの毛に近いものを再現していると言えます。しかし、手洗いなどは勧められなく、洗浄時には特殊なクリーニング法を要されるものもあります。

マイヤーラグ

高級感の溢れる花柄のモチーフを施したデザインなどがよく見られるマイヤーラグですが、このマイヤーラグの大きな特徴は、その柔らかく優しい肌触りです。クッション性にも優れており、防音効果もあるため、ラグだけではなくカーペットとしても非常に優れた素材であると言えます。

キッズラグ

子供に人気のあるキャラクターデザインを施したものなども総称してキッズラグと呼びます。その種類は実に豊富であり、様々なアイディアや工夫がなされているのが特徴的で、ラグとしての機能よりもむしろ子供が遊ぶための玩具としての色合いが強いものもしばしば見受けられます。 また、子供らしいのびのびとした柄をプリントしたものなど、インテリアとして目を引くものも数多く販売されています。キッズやベビー向けラグマット商品はこちら!