キリムとは

キリムとは、中東諸国などで広く生産されているつづれ織りの敷物のことを言い、ラグマットではアジアンラグ・オリエンタルラグなどでそれを模ったものがよく見られます。イランやトルコなどでは「キリム」のほかに「ギリム」と呼ばれることもあり、またコーカサス地方のアゼルバイジャンでは「パラス」、タジキスタンでは「タワーギン」などと呼ばれます。敷物としては薄く、裏と表が同じ手織り製の敷物として、日本でも広く愛用されています。

ヘリンボーンとは

ヘリンボーン(herringbone)は「ニシンの骨」という意味であり、糸が規則的に斜めに交わった織り方のことを言います。その形状がニシンの骨に似ていることからヘリンボーンと呼ばれていますが、日本では「杉綾(すぎあや)」とも呼ばれ、これも見た目が杉の葉に似ていることからこう呼ばれています。シンプルで美しく、強度・デザイン性ともに洗練された格調高い印象を受けます。

ゴブラン織りとは

ゴブラン織りとは、フランス・パリ出身のジャン・ゴブラン氏によって発明されたつづれ織りのことです。中世ヨーロッパで生まれたこの織り方は非常に繊細で美しい描写を可能とし、その美しさ、気品の高さ、華麗さから王族や貴族に愛され、ベルサイユ宮殿などでも公式に使用されていました。中でも11世紀に織られたバイユーのタペストリーは、ゴブラン織りの代表作としてもっとも有名です。

シェニール織りとは

シェニールはフランス語で毛虫を指す言葉であり、その言葉通り毛虫の毛のようなモール状の糸(シェニールヤーン)によって織られます。シェニール織りは、明治8年頃にスコットランドから日本へと伝来して国産化され、明治10年より国内において本格生産されるようになりました。ヨーロッパの伝統工芸として歴史あるこの織り方は日本でも愛好者が多く、ハンカチやタオルといった身近なところでも活用されています。

不織布とは

不職布とは文字通り繊維を織らずに絡み合わせたものを言い、JIS用語として「製織しないで各種の方法によって、繊維をシート状にした布」を意味します。たとえば繊維同士を接着剤で結合させたり、また繊維を過熱・加圧などといった手法で結合させたりしたものがこれにあたり、カーペットやラグマットのほか包装資材やキルト綿、しっぷ基材やガーゼ、おしぼり、両面テープや生理用品など、あらゆるシーンにおいて応用されている技術です。