カーペットのシミと汚れの取り方

カーペットのシミは、大きく分けると油性シミと水生シミに分けられます。使い易いシミとり剤で、なるべくやさしく、失敗が少なくて応用範囲の広いシミとり方法をご紹介します。

シミの判定

まず、簡単に取れる汚れはヘラなどで取っておきます。丸めたティッシュペーパーに水を少量にじませたものでシミを軽く押えてみて、紙に汚れがついてきたら水性シミ。また同じくティッシュペーパーにベンジンを少量にじませたものでシミを押えてみて、紙に汚れがついてきたら油性シミです。どちらとも判断できなかったときは油性シミと判断します。

シミや汚れの種類と取り方

部屋の中で床は一番汚れ易い部分です。飲み物などでできたシミは、カーペットの大敵です。時をうつさない適切なお手入れが大切です。

コーラ・サイダー アンモニア水か硼酸水で拭き取る。その後、中性洗剤を入れたぬるま湯に布を浸して拭き上げる。
カレー・みそ汁 水か湯で絞った布または綿棒でたたく。取れない場合は毛糸洗い用の洗剤溶液で同様にしてたたきだす。
血液 オキシドールで拭くと簡単。または、水洗いしてから石鹸かアルコールで洗い、アンモニア水に浸す。古いシミもオキシドールで漂白。
こげあと スチールウールで表面を軽くこする。それからオキシドールを含ませたガーゼの上からアイロンをかけ、漂白する。
かび ブラシではらう。ひどいときは掃除機の隙間ノズルで吸い取る。洗剤液かアルコールで拭き取る。
クレヨン・靴ズミ ベンジンを歯ブラシにつけ、汚れたところをたたくようにして取り除き、ぬるま湯で拭きあげます。
キャンディー・
チョコレート
布かティッシュペーパーで拭き取り、乾いてからブラッシングし、剤が残らないように、固く絞った綺麗な布でもう一度拭きます。
食用油 すぐにヘラかナイフで油を削り取り、布にベンジンをつけてつまむようにして取ります。そのあと中性洗剤を溶かしたぬるま湯で拭きあげます。洗剤をつけてたたくようにして拭き取ります。
醤油・ソース 布かティッシュペーパーでできるだけ吸い取り、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で拭きます。洗剤が残らないように、固く絞った綺麗な布でもう一度拭きます。
コーヒー・紅茶 水で絞った布か、スポンジなどで吸い取ります。そのあとぬるま湯を汚れの上に注いで、布またはティッシュペーパーで拭き取り、乾いた布で拭きあげます。
ビール・酒類 水で絞った布か、スポンジなどで吸い取ります。剤が残らないように、固く絞った綺麗な布でもう一度拭きます。
牛乳 布かティッシュペーパーで吸い取り、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で拭き取ります。剤が残らないように、固く絞った綺麗な布でもう一度拭きます。
口紅 ベンジンかアルコールでこすりとり、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で拭きあげます。そのあと中性洗剤を溶かしたぬるま湯で拭きあげます。洗剤をつけてたたくようにして拭き取ります。

※ウール製品には塩素系漂白剤は使わないこと。
※ここでいうアルコールは市販の消毒用のアルコール(エタノール)のこと

カーペットのお掃除とお手入れ

カーペット専門ショップCARPET WATASOでは、ラグやカーペットのメンテナンス方法やお手入れの方法をご用意しております。お手入れといっても掃除機の使い方、汚れの種類と取り方、保管方法に様々。こちらではそうしたカーペットの持つ、性能や上手な付き合い方についてご案内いたします。

当サイトで購入されたラグやカーペット商品に最も適したお手入れ方法です。
カーペットのお掃除やお手入れ、メンテナンスの方法はコチラからどうぞ!