色で決まるインテリア!

2009年03月11日

先日、お客様から、部屋の色がまとまらないとのご相談がありました。
インテリアのコーディネートで一番重要なことは、色使いと色の選択です。また「どんな雰囲気の部屋にしたいのか」を明確にさせておくことが大事です。

狭さから感じる圧迫感は色使いによって大きく変わります。色ひとつで広くも狭くも感じられるのです。
明度が高い色は、部屋の大きさが広く感じられ、明度が低い色は部屋が狭く感じられます。
まず、大事なのは面積が最も大きく、室内の雰囲気を左右する重要な壁の色と部屋全体のベースとなる色を同色で合わせることです。大体の壁紙はホワイトですので、同系色でまとめましょう。

家具などを違う色に選ぶ場合はそれぞれの色を統一すると良いでしょう。
特に隣接する家具は同一にしないとうるさく感じられ、落ち着きのない空間になってしまいますので気をつけましょう。カーペットは、視野に入る面積が広く、全体のカラーを左右するメインのカラーになりますので慎重な色選びが必要です。カーテンなどファブリックの色やソファーなどの色と合うものを選びます。


「メールフォーム」でのお問い合わせ。お電話でもカーペットやラグをご購入・ご相談ができます。

カテゴリー:インテリアコーディネイト