ひな祭りには桃色カーペット!

2009年03月02日

3月3日は桃の節句、ひな祭りです。ひな祭りは、どうして誕生したのでしょう?
平安時代から、宮中や貴族の子女の間で、ままごと遊びが盛んになり、そこで紙の人形を使い、雛遊び(ひなあそび)といわれるようになります。「雛」とは、小さなかわいいものという意味だそうです。
この遊びが上巳の節句と結びつき、人の厄を受ける男女一対の紙製立雛が誕生します。
これがいわゆる雛人形の原型だそうです。やがて人形作りの技術が発展し立派な雛人形ができてくると、雛人形は流すもの(流し雛)から飾るものへと変化していったそうです。

雛祭りには、ご両親や友人、ご親戚や同僚など親しい方をお呼びしてお祝いされる方も多いと思います。
雛祭りの桃の花を思わせる桃色(ピンク)カーペットで華やかに演出されてはいかがでしょうか?
カーペットワタソーでは、雛祭りにぴったりな、桃色(ピンク)を取り揃えております。
ただ、かわいいだけではなくフッ素樹脂加工による防汚加工を施してある機能性カーペットもあり汚れが付着しにくく、お手入れも簡単にできるので皆様が集まるリビングダイニングにおすすめです。


「メールフォーム」でのお問い合わせ。お電話でもカーペットやラグをご購入・ご相談ができます。

カテゴリー:ピックアップ