家具配置のテクニック

2009年03月27日

いよいよ新生活もスタートし、一人暮らしのインテリアの悩みなども出てくる事でしょう。
その悩みの多くは家具配置の工夫で改善出来るのです。

家具が多いわけではないのに、部屋が雑然と見えてまとまらないとお困りの方は、家具、雑貨などの統一感がない場合が多いようです。
家具のカラーやデザイン性、サイズを統一してみましょう。
高さも統一すると尚、良いでしょう。低いものでまとめると視野が抜ける分開放感も増します。

人は目に入る情報量が多ければ多いほど雑然と見え、少ないほどすっきりと感じるものなのです。
ですので、色やサイズ、家具の置き方を統一し、出来るだけ集めて配置するようにしましょう。
家具の数よりも重要なことは、しまってあるものを極力見せないようにすることです。
また収納家具は扉つきで、中に入ってる物が見えないタイプを選び、オープンな収納家具の場合には、布などで目隠しをするとかなり改善されるでしょう。


「メールフォーム」でのお問い合わせ。お電話でもカーペットやラグをご購入・ご相談ができます。

カテゴリー:インテリアコーディネイト