騒音問題と床の仕様

2009年02月26日

現在の建築のほとんどはフローリングの仕上げが多く、また人気も高いのが現状です。
畳を敷いた和室が激減しているので、ほとんどの部屋の床仕上げがフローリングになっています。
しかし、フローリングにも大きなデメリットもあります。

マンションの床材と言えばフローリング

今、マンションの床材と言えばフローリング人気が続いていますが、ちょっと気の利いたマンションでは、特に音が気になる寝室などに、初めからカーペットを標準装備としているところもあります。

マンションでは騒音問題が悩みのタネ

床の騒音は、フローリングよりも畳やカーペットなどの方が軽減されるのをご存じでしょうか。
マンションでは騒音問題を解決するには、遮音フローリングを使っているか、その中でも遮音等級の高い製品かなどをチェックしましょう。
仕上材を選べる場合は、階下の間取りをチェックして、寝室など特に音が気になる部屋の上部に当たる部屋にはじゅうたんやカーペットを選ぶと良いでしょう。


「メールフォーム」でのお問い合わせ。お電話でもカーペットやラグをご購入・ご相談ができます。

カテゴリー:豆知識