お部屋の配色テクニック

2008年11月11日

色は組み合わせによってそれぞれ違うムードが生まれてよりおしゃれにもなり、つまらない色合いにもなります。配色はセンスと居心地を決める最大のポイントになります。

めりはりのきいた配色のグラデーションカラーは失敗がなくお勧めです。
色の濃淡や色合いの変化を並べていくと整理された端正な印象が生まれ、より美しいインテリアになります。三色から五色などをグラデーションにするデザインはストライプの壁紙やカーテンに使われています。グラデーションカラーのラグやカーペットもおすすめです。

印象的にみせるテクニック

配色のテクニックではもうひとつセパレーションといって違う色を組み合わせてお互いを引き立たせる方法があります。地味な色にポイントで明るく強めな色をいれめりはりをつける方法です。

全体的にダークな色使いにし、カーテンにポイントを置いてビビッドな色を持ってくる、ドアや枠を明るい色にし印象的にみせるというような使い方です。色を際立たせる方法が印象的なお部屋をつくります。


「メールフォーム」でのお問い合わせ。お電話でもカーペットやラグをご購入・ご相談ができます。

カテゴリー:選び方