カーペットのテクスチャー

2008年10月31日

テクスチャーとはカーペット表面手触りやパイルの形状をいいます。
無地のカーペットであってもこれによってデザインをだすことが可能で、テクスチャーにより耐久性の差があり使用目的により選ぶ必要があります。

プラッシュ

一般的なタイプでパイル長が5~10ミリの範囲です。
断面が繊細なパターンを生み、ソフトな踏み心地の仕上がり 性能面ではループより劣る部分がありますが、色彩効果の面では深みがあります。

サキソニー

パイル長は15ミリ前後でより糸に熱を加え密に打ち込んで撚りが戻らないようにしたパイルを使い、形状が安定し、弾力性がありボリューム感を演出する事が出来ます。 

ベロア

ファインゲージというマシーンでパイルを密に打ち込みし、ベルベット調を出した、カーペットです。

ハードツイスト

パイル長は10~15ミリ程度で、サキソニーよりさらに強い撚りをかけたもので弾力性があり 、パイルの個性が明確でラフなテクスチャーに仕上がっています。 汚れも目立たず掃除も容易です。

シャギー

パイル長は25ミリ以上で太めのパイルを密度に打ち込んであり装飾性が高く個性的です。
またパイル長が長いので、応接室、会社役員室などに適しています。

レベルループ

高さが均一なループ状のパイルを密に打ち込んだもので適度な堅さを持ち、耐久性、歩行性にすぐれ汚れにくく、通行量の多い廊下、オフィス、ホテルロビー、レストラン、店舗、病院などに適しています。

マルチレベルループ

ループ状のパイルに高低を付け立体的なテクスチャーを作り出します。
方向性をもたせたものや、高さがランダムなものなど種類はさまざまで糸の太さに変化を付けたりさらに色やパターンをの変化で、視覚的、デザイン的に変化のある床仕上げとなります。

カット&ループ

カットとループを組み合わせたものでレベルカット&ループは、レベルループのパイルを部分的にカットしたもので形状の違う表面がそのまま柄を表現し、色調を変化させる効果を持っています。
ハイカット&ローループは高いループ部分をカットしたものでレベルカット&ループより明確な柄を表現します。豊かな装飾性が特徴です。


「メールフォーム」でのお問い合わせ。お電話でもカーペットやラグをご購入・ご相談ができます。

カテゴリー:豆知識