ミッドセンチュリースタイル

2008年10月20日

ミッドセンチュリーの直訳は「世紀の半ば」という意味で、1950年代を中心に主にアメリカでデザインされた家具、インテリアがミッドセンチュリースタイルと言われています。
イームズ、柳宗理がメジャーでイスやテーブルの流行から火がつきはじめレトロポップなインテリアが若者中心に人気を集めています。

ミッドセンチュリーの家具は、プラスチックや合板などが材料とされ大量生産ながら自然素材に似たぬくもりを感じられるのが特徴です。
インテリアは木の色に合わせたダークブラウンや、無彩色、ポップな色がミックスされたデザインの家具や、ラグ、ファブリックなどセレクトしだいで自分の部屋が作れます。
 

ミッドセンチュリースタイルの作り方

ミッドセンチュリースタイルの作り方としましてはレトロ柄やカラフルな色のカーテンに、時計や照明、テーブル、イスをデザイナーズものにしファブリックやラグは当時の布とカラーが再現されている、サイケ柄や幾何学柄をセレクトし見ているだけで楽しくなるようなポップな色とデザインを楽しみましょう。


「メールフォーム」でのお問い合わせ。お電話でもカーペットやラグをご購入・ご相談ができます。

カテゴリー:インテリア