カーペットに付いた食料品のシミの取り方

2008年08月11日

こんにちは。スタッフ渡辺です。さて、前回の大掃除編に続きメンテナンスシリーズの今回のテーマは、食料品のシミの取り方です。小さなお子様が居られる方必見です!

食料品のシミとメンテナンス方法

【チョコレート】
硼酸粉末をふりかけ、冷水をそそいで15分ほど置き濡れた布で拭き取る。残った粉末は乾いてから掃除機で吸い取る。

【アメ、ジャム、キャンデー】
暑い湯に中性洗剤を溶かし、布で拭き取る。あとが残るようならベンジンで軽く拭く。

【チュ-インガム】
丸めながらつまみ取り、残った部分をアルコールかベンジンで拭き取る。
どうしても取れない場合は、ドライアイスで固めてから、叩いて粉々にする。

【玉 子】
温湯は使わず、冷水で拭き取る。大根おろしで拭いても良い。

【牛乳、乳製品】
温湯で拭き取り、あとが残るようならベンジンで軽く拭く。

【コーラ、サイダー】
アンモニア水か硼酸水で拭き、中性洗剤を入れたぬるま湯で拭きあげる。

他にもたくさん方法はありますが、プロ専用の技術+用具が必要な為、今回は家庭用の対処法をご紹介させて頂きました。

小さなお子様が居られるご家庭ですと食べこぼしや、マジックでの落書きにお困りでは無いでしょうか?わが家でも3歳の子どもがお絵かきにはまっておりまして、日々マジックのシミと格闘しております。油性=落ちないイメージありませんか?そこで・・・

次回は、油性のシミの取り方についてお話させて頂きます!


「メールフォーム」でのお問い合わせ。お電話でもカーペットやラグをご購入・ご相談ができます。

カテゴリー:豆知識