カーペットの大掃除

2008年07月16日

こんにちは、スタッフ渡辺です。相変わらず暑い日が続きますが、みなさん日常の掃除機がけ頑張っていますか?
めんどくさがりの私ですが、かろうじて掃除機がけは行っております。

カーペットの本格的なお掃除とメンテナンス

前回は、日常のお手入れをお話させて頂きましたが、カーペットは、日常の掃除だけでは取りきれない汚れなどが徐々にたまるため、カーペットの大掃除とでも言いましょうか、私たち人間と同じようにカーペットもリフレッシュさせてあげましょう。
そこで、今回はカーペットの定期的な手入れをご紹介させていただきます。

①ホコリの叩き出し
天気の良い乾燥した日を選び、半日ほど日陰乾燥させた後、布団たたきなどでホコリを叩き出す。再び敷く時には、今までの方向とは向きを変え、パイルの消耗部分を平均化させましょう。

②定期的な拭き掃除
カーペットの全体汚れは、中性洗剤をバケツにキャップ1~2杯をぬるま湯に溶かし、固く絞った雑巾で拭き掃除する。その後、水洗いした雑巾で、洗剤が残らないように拭きあげ、さらに乾いたタオルで、から拭きの仕上げを行う。
汚れを見ながら半年に1回程度、汚れが気になる時は直ぐに行ってください。

③カーペットのクリーニング
家庭で市販されているカーペットシャンプーで行う方法もありますが、ひどい汚れやシミなどの場合は、専門業者に依頼されることをおすすめします。

クリーニング後の洗剤除去が不十分な場合、残留洗剤による再汚染が発生し、かえって汚れが目立つこともありますので、注意してください。

以上がカーペットの大掃除のお話です。自宅のカーペットが気になってしょうがないです。
汚れているのは、普段から気づいていましたが...無理やり気づいてないフリをしていました!
なので今日は、自宅のカーペットちゃんをリフレッシュさせてあげたいと思います。

次回は、カーペットの原因別シミの取り方についてお話させて頂きます!


「メールフォーム」でのお問い合わせ。お電話でもカーペットやラグをご購入・ご相談ができます。

カテゴリー:豆知識